効果的に訴求するために!ランディングページのポイント

一番大事なファーストビュー

ファーストビューとはWebページにアクセスした際に最初に表示される部分で、スクロールせずに見られる範囲を意味します。ユーザーは数秒でそのWebページが自分にとって価値のあるものかを判断するため、ランディングページにとってファーストビューは非常に重要な要素です。ファーストビューでは、ユーザーが抱える悩みや課題を指摘するキャッチコピー、商品に関する明確な情報、視覚的に訴求できる写真を載せます。また、すでに商品を把握していて購入を検討している場合もあるので、ページの最後だけではなくファーストビューに商品購入のボタンを設置しておくことも重要です。

商品のメリットを伝える

ユーザーは自分にプラスになるものを常に求めています。そのためファーストビューからスクロールした先には、その商品を使うことで得られるメリットを載せます。メリットはできるだけ簡潔に、イラストや図表を使って分かりやすく説明することが肝要です。

根拠を伝えて納得してもらう

メリットを伝えても、メリットを本当に得られるのかユーザーが疑問に思う場合もあります。そこで、そのメリットを生み出す根拠を説明することが必要です。科学的にこのような証明がされていますや、さまざまな実験の結果によって実証済みであるなど、ユーザーが納得できるような明確な根拠を載せましょう。

ユーザーを安心させる

メリットや根拠を伝えていても、実際に商品を使って効果が得られるか不安な場合もあります。そんなときにはユーザーにさらに訴求するために、商品を使ったユーザーの声を載せるのが効果的です。同じ悩みを抱えたユーザーが、商品を使って実際に効果を得たという声を載せれば、商品の購入を考えているユーザーにダイレクトに訴求することが可能です。

ウェブ制作にコーディングは欠かせません。実際にソースをゼロから書く事は無くても、ウェブ担当者であれば、編集する事はあるので、基礎だけでも押さえておくべきです。