iphoneの画面が割れてしまった!どうしたらいい?

まずはiphoneの状態を確認

本体を落としてしまった、誤って踏んでしまったなど、様々な理由でガラスが割れてしまうことはあります。その割れ方や程度によって、修理の方法も変わってきます。iphoneを起動させたときに、それまでと変わりなく反応し、操作ができるようなら軽傷です。この場合はディスプレイ部分を交換するだけで済む可能性が高いです。しかし、電源が入らなかったり、タッチ操作がきかない、ホームボタンを押しても反応しないなどの症状が見られる場合には、本体ごと交換する必要があります。

軽傷ならそのまま使ってもいい?

ガラスは割れていても、これまでと変わりなく操作できることもあります。しかし、そのまま使い続けていると様々なリスクが発生します。まず、ヒビの入っている個所から水が入り、内部が故障してしまう恐れがあります。こうなってしまうと、操作がきかなくなったり、データが破損してしまうことがあります。また、大したことのないヒビ割れに見えても、微粉を発生させたり、指先を怪我するなどの危険性もあります。
軽傷でも甘く見ずに、早めの対処が必要です。

修理に出すまでにやっておくことは?

ガラスの割れは危険です。特に割れが酷く破片が飛び散っている場合は、ラップを巻いたりテープを貼ることで、怪我や浸水のリスクを軽減することができます。また、パソコンなどの外部機器に接続して反応するようなら、バックアップデータを取っておくと良いです。本体ごと交換になってしまうと、データの復旧や移動に更なる費用がかかってしまうことがあります。

iphone修理を渋谷で依頼しておく事によって、安い費用で故障した箇所を修理してもらう事が出来るようになるメリットがあります。